来年使えるIT投資向け補助金



12月21日、平成31年度予算と平成30年第2次補正予算が、閣議決定されました。

これにより来年のIT導入補助金実施が、ほぼ確定したといえます。

平成30年第2次補正予算 ものづくり補助金・IT導入補助金・小規模事業者持続化補助金の3つの制度で合計1100億円の予算です。

この、1100億円の内訳は現状確定しておらず、今後経済産業省で調整される見込みです。

IT導入補助金は昨年度100億円、今年度500億円、
そして2019年実施分は100億円前後になると予想されています。

予算は大幅に減り今年度の予算の5分の1程の規模感と思われます。
今年度は、昨年度の需要の高さから大きな予算をとったところ、想定外の需要減により結果的に「ザル状態」だったので、いたしかたないのかなとも思います。

来年度は今年度に比べ、申請内容を熟慮しないと不採択となる可能性も高くなるでしょう。

システム導入は、ものづくり補助金
ホームページ導入なら、IT導入補助金
のご利用をオススメします。

web

ものづくり補助金は、なんといっても補助金上限額1,000万円が魅力です。
1500万円の買い物を500万円でできます。
750万円なら250万円。

IT導入補助金は、100万円の買い物を50万円でできます。
50万円なら25万円。
(今年度の場合)

私ども中小企業が先行投資するには、このような制度を使わせていただくのが賢明だと、使ってみてつくづく思います。

これら補助金は、平成31年1月下旬開催予定の通常国会にて承認後、速やかに執行されることが予想されるため、2月には募集開始になるという予想もあります。
申請にはひと苦労ありますので、使いたい方は早めの準備をオススメします。

123

最後に、ものづくり補助金の審査員経験者から聞いたお話。
申請内容を作るにコンサルを雇ってお金で解決しようとする方がいますが、コンサルの書いた文章は定型化していてすぐわかるそうです。
そのような味気のないモノよりも、知恵を絞り汗をかいた文章は、多少不恰好でも心を打ち採択率も上がるとこのとです。
あなたもチャレンジされてはいかがですか?

 

それではみなさん良いお年をお迎えください。

nenga
弊社の年賀状です^^